ブックタイトル2020 SPORTING NET&GOODS CATALOGUE

ページ
115/130

このページは 2020 SPORTING NET&GOODS CATALOGUE の電子ブックに掲載されている115ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

2020 SPORTING NET&GOODS CATALOGUE

サッカー・フットサルグラウンド 野球 ハンドボール バスケットボール・バレーボール防球ネット資料 ネット・ロープ・シート ゴルフ バドミントン・卓球・ゲートボール テニス事業計画から、設計、施工、アフターに至るまで、テイエヌネットは責任を持ってお引き請け致します。 設計?施工 115防球フェンス(TP ポール構造)防球フェンス(ハイポール構造)TN-TPA 型(H=14m ?H=15m)            固定式TN-HPA 型(H=20m ?H=40m)            昇降式●ハイポール ハイポール仕様は、上ポールと下ポールを溶接することで、単体として18m?30mまでに長さが可能となります。鋼管杭や基礎体を組み合わせることで40m 程度の高さの構造体にすることが可能です。但し、固定ネット仕様の場合柱スパンをあまりとれないので昇降ネット式にするか糸径の細いアルダイニーマネットで施工するのが一般的です。■ TP ポール H=15m● TP ポール TP ポール仕様は、TP 基礎体を埋設し、ポール下部とTP 基礎体上部をボルトで締結して建柱します。 他の仕様に比べると施工の簡略化・工期の短縮化が図れるため上記表のポール高を採用する場合最も採用される施工方法です。■TN-TPA型( 参考)             ※柱スパンは設計条件に依る■ハイポール 固定式例 写真はH=30m で仕様ポール高ポール種別TP 基礎体(mm) 段数H=14m TP(S)14-22-1500 φ600×3000L 5H=15m TP(S)15-22-1500 φ600×3000L 5